虫歯にならないための予防講座

1.知っておきたい虫歯のしくみ

だ液は虫歯を防ぐ強い味方!

虫歯とは、歯を形成するミネラルのバランスが崩れてしまう歯の病気です。その原因となるのが、歯の表面にこびりついたプラーク(歯垢)です。食事によってお口の中に糖を取り込むと、虫歯の原因となる細菌が強い酸をつくります。すると、プラークがこびりついた歯の表面も酸性となり、ミネラルが奪われてしまいます。この作用は、飲食のたびに繰り返されますが、だ液が歯の表面を中性にもどしてくれるため、虫歯は出来ない仕組みになっています。けれど、このミネラルのバランスが崩れたとき、歯の表面が溶けて虫歯になってしまうのです。

だ液は虫歯を防ぐ強い味方!
歯のしくみ

2.こんな人が虫歯になりやすい

自分の歯のリスクをきちんと知って
コントロールすることが虫歯予防の第一歩

事実、虫歯になりやすい人と、虫歯になりにくい人がいます。虫歯リスクは、次の3つの要素で決まります。
その1、虫歯になる原因菌の数が口の中に多い人。
その2、虫歯の原因菌と戦う唾液の量が少なく、唾液に抵抗力がない人。
その3、歯垢(プラーク)が酸性になりやすい甘いものを摂る回数が多い人。
これらに当てはまる数が多い人ほど、虫歯になるリスクがより高いといわれています。自分の歯のリスクを知ることが、虫歯予防の第一歩です。

3大虫歯リスク
虫歯になりにくい人 虫歯になりやすい人

3.削る前に口中コントロールを

お口の中の環境を整えることで、
虫歯を治す

一度できてしまった虫歯は、悪化するばかりと思われがちですが、実は、お口の中の環境を整えてあげれば、進行を止めることができます。まずは、虫歯の原因菌であるミュータンス菌を排除するため、正しいブラッシングでお口の中を清潔にします。飲食の回数を減らすことも有効です。こうすることで、まだ軟らかい虫歯の穴が徐々に硬くなり、削る処置をする際に、傷んでしまった部分だけを効率的に除去することができるのです。

食事の回数を減らす プラークコントロール よくかむ

4.虫歯を治すフッ素とブラッシング

歯ブラシの手順を学んで、虫歯予防!

まず最初は、歯ブラシに何もつけず、よくブラッシングしてください。次に、歯ブラシに十分歯磨き剤をつけて磨いてください。そして最後に、少量の水で長い間グシュグシュと音を立ててすすいでから、水をはき出してください。ここで重要なのは、「フッ素入り」の歯磨き剤を選ぶことです。フッ化ナトリウムやフッ化第二スズなどのフッ素化合物は、確かに虫歯を防ぐ効果が認められています。

歯ブラシの手順を学んで、虫歯予防!
Copyright 2010 Tamoto Dental Clinic. All rights reserved.